経理人and音楽人のブログ

日中は一般企業の経理職として、週末は音楽好きとして過ごす男のブログです。日々徒然なるままに、思いついたことを書き留めたり、皆さんにお役立ちできる情報などをお届けします。

日商簿記3,2、経理の仕事に役立つ150以上の動画を学ぶサイト【Accountant's library】

サラリーマンの確定申告② ~副業・副収入は20万円まで申告不要!~

今回もサラリーマンや給与所得者の確定申告に関わる話をしていこうと思います。

 

基本的に本業で給料をもらっている方は、確定申告をする必要はありません。しかし、以下のような人の場合は確定申告が必要です。

 

・初年度の住宅ローン控除を受ける人

・2か所以上から給料をもらっている人(乙欄がある人)

・医療費控除を受けようとする人(以下の通りです)

 

keiri-and-music.hatenablog.jp

 

・ 給与所得や退職所得以外の所得金額が20万円以上の人

この4番目のテーマを中心に話を進めていきます。

 

この「給与所得等以外の所得金額が20万円以上」というのは、簡単に言うと本業以外での収入が20万円以上、という事。

副業をしている人は、1年間で20万円以上稼いでいると確定申告が必要となります。

(ちなみに、本業以外にパートやアルバイトをしている場合は2か所から給与を得ていると見なされるので、金額に関わらず確定申告が必要です)

 

なぜかというと、この確定申告というのは「所得税」の税額を決定させる申告だからです。

所得≒収入、という考え方の為、収入が多ければその分収める税額が高くなります。

ですが副業の分を申告しなければ、その収入分の税金を国は取り損ねてしまいます。

それを防ぐ為、確定申告を義務付けているのです。

 

我々納税者側は、このことを理解していないと痛い目に合う可能性があります。

「どうせバレないから申告しないでもいいだろう…」

とタカをくくっていると、

税務署にバレた際申告義務を怠ったとみなされ、

過怠税、延滞税を追加で徴収されるという決定を下されることがあります。

そして国税庁に延滞税者のリストとして情報が残ってしまいます。

深刻な場合は脱税とみなされて、刑事事件に発展する事もあります。

そういう事態は絶対に避けたいですよね。

なのでバカ正直に思うかもしれませんが、確定申告はしておいて「損」ではないのです。

 

ちなみに、「年末調整」も同じく所得税を決定させるために行います。

誰しも1年間の所得金額をもとに、所得税額をきちんと決定しているのです。

自分一人申告しなくても大丈夫だろう、という考えは捨てましょう。

軽率な判断が、後々自分自身を苦しめることになります。

 

なぜ確定申告が必要なのか、というのは以上の通りですが、

前述したようにあくまで20万円以上であれば申告必要、ということなので20万円以下はその必要がありません。

20万円まではお目こぼしをしてくれる、という事です。

 

もっと言えば、会社にもバレなければ年間20万円までは副業できる、という事。

このルールを知っておくと、様々な方法でおこづかい稼ぎが出来ます。

実際、僕も様々な方法でちょっとした副業的な収入を毎月3,000円~5,000円相当分獲得しています。

 

次回は確定申告から離れて、おこづかい稼ぎの方法はどんなものがあるかをご紹介していきたいと思います。